第1回指導員研修会を開催しました。

IMG_0586

IMG_0571

IMG_0570

IMG_0559
 午前中の通常総会終了後、午後1時から3時まで、本年度第1回目の指導員研修会が開催されました。今年は10月12日から14日(土〜月・祝)まで笠松運動公園を中心に第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」が開催されるので、昨年度に引き続き車いすスラロームと視覚障害者50m走(音源走)の審判法について学習しました。以下は、参加した指導員の横山 猛さんからいただいた感想です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 5月11日(土)、通常総会が茨城県立医療大学中講義室で、午前中42名の出席者で開催され、滞り無く閉会し、午後には、体育館にて指導員研修会と云う事で、35名の出席者で、東京都障害者スポーツ協会の藤田勝敏先生のご指導のもと、車いすスラロームと視覚障害者50m走(音源走)の審判法を、体験とともに勉強させて頂きました。
 スラロームに関しては、車いすのスタート位置からの車いすの向きにより、後ろ向きにスタートした時は背中が正面になる事など、誤解しやすい点など、数々のチェック方法の質問が飛び交い、又、音源走に関しては、両脇の壁となる方々の選手に対する対処の仕方等、理解しやすい説明で、細部にわたって話を聞かせて頂き、今後の活動の為に大変良い勉強をさせて頂きました。