茨城県南生涯学習センターにおいて、エンジョイホリディ子どもあそびの広場でパラスポーツ体験を実施しました。

IMG_20180630_102828

IMG_20180630_115201

IMG_20180630_113244

行方市在住の指導員箕輪さんは、茨城県南生涯学習センターにボランティア登録されているそうで、この度、県南地区の指導員が協力して活動をしたレポートを送ってくれましたので掲載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 6月30日(土)土浦市の茨城県南生涯学習センターにおいて、エンジョイホリディ子どもあそびの広場でパラスポーツ体験を実施しました。
 県南地区の10名の指導者の皆さんとともにボッチャ、卓球バレー、ハンドアーチェリー、輪投げを実施しました。他にも生涯学習センターの大勢の学生ボランティアさんが協力してくださいました。始める前にまず、ボランティアさんたちへレクチャーをしましたが、卓球バレーも、ボッチャも、ハンドアーチェリーも初めての体験なのでとても興味津々、驚いた様子でルールややり方を楽しく学んでいたのが印象的でした。訪れた親子さんやこどもさんと一緒にボッチャをやったのですが、その面白さを理解されすっかり虜になってくれました。
 卓球バレーでは、2台の卓球台をみんなでワイワイ楽しく学生ボランティアも親御さんも一緒になってみんなでチーム戦で勝負をして楽しむことができました。
 ハンドアーチェリーはとても珍しいと見えて興味深く説明を聞いて、ルールで的に当てるのですがなかなか難しそうに親御さんもボランティアさんも行っていました。
 サポートしてくれたボランティアさんもとても楽しかった、とても勉強になった、またやってみたいとか。参加した親御さんも、子どもさんももう一回、まだ、まだとすっかりリピーターになってくれてなかなか順番が回ってこなかったり、終了時間も延長するようになりました。センターからの要請で、午後からもボッチャを実施し子供さんや親御さんに楽しんでもらうことができました。
 今回、県南地区の青田ブロック長はじめ大勢の指導者の皆さんの協力により実施することができました。また、輪投げやハンドアーチェリー、ボッチャなど用具は筑波技術大学よりお借りすることができ、充実したパラスポーツ体験教室ができました。関係者の皆様、心より感謝申し上げます。
 6月30日の今回の記事は茨城県教育委員会ホームページフォトニュース6月号に掲載されました。参考までに、ご覧いただければ幸いです。
 皆様のご支援ご協力をいただきながら、今後も開催されるエンジョイホリディ子供の広場で、パラスポーツが広く子供さんたちに理解される広がりを見せるよう尽力していきたいと思います。