第4回「障がいのある方のスポーツ教室」を開催しました。

ストラックアウト①

卓球バレー

ボッチャ②

クロリティー①

ストラックアウト②

クロリティー②

ボッチャ①
 12月1日(土),鉾田総合体育館で開催された第4回障がいのある方のスポーツ教室に参加しました。「参加者数が少ないので,継続して参加者募集中」と聞いてはいましたが,当日,会場で聞いた最終の参加者数は指導者数よりも少なく,予定していた4種目をどのように配分するのか,少し不安に思いながら準備を始めました。
 本教室は,茨城での国体・全国障がい者スポーツ大会開催が決まった後,平成27年度を初年度とし多くの会場で実施されてきました。指導者の経験値も上がってきており,準備は順調。なかなかお手伝いの機会がない私でも安心して皆さんと準備を進めることができました。
 人数を必要とする卓球バレーを最後に全員で体験することとし,2班に分かれて教室が始まりました。すると,「少ない待ち時間で各種目を楽しめる」だけでなく,適宜ルールを説明する時間が確保できたことで体験だけにとどまらず,その「種目の奥行きを知り・競技としての楽しさを味わっていただくことができた」ように思われます。
 後半の時間では,体育館に来ていた中学生にも一緒に参加してもらうことができ,「障がいの有無に関わらず一緒に楽しむことのできるスポーツ」を知ってもらう機会になったかな?と感じることができました。若い世代の子どもたちがこうした体験を通して,「障がい」に対する心の障壁が取り除かれることに期待したいと思います。
 全参加者数は21名。当初の参加予定より,人数はずいぶんと増えました。卓球バレーも交代しながら体験いただくなどにぎやかに実施することができました。
 3月に今年度最後のスポーツ教室が予定されているようです。たくさんの方が参加され,老若男女が楽しく交流する機会になって欲しいと願っています。(障がい者スポーツ指導員 酒井美智子)