第2回研修会(フットベースボール)を開催しました

 6月1日(土)、総会後の午後1時から3時に、筑波技術大学天久保キャンパスにおいて「フットベースボールのルールを覚えて、試合を楽しもう!」というテーマの研修会を開催しました。

 フットベースボール茨城県代表チーム監督、ゆうあいスポーツ推進委員フットベースボール担当、茨城県立つくば特別支援学校教諭の大薗明弘先生を講師に迎え、16名が参加してフットベースボールならではのルールの特徴を学習しながら、ピッチャー、野手、バッターの練習を行ない、最後にゲームを楽しみました。結果は及川会長のBチームが3対2で勝利をおさめました。全員ケガなく無事終了できて何よりでした。参加された向 仁子さんが感想を寄せてくださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 障害者スポーツ指導員歴3年のひよっこ、日立市在住の向です。ゆうあいスポーツ大会、身体障害者スポーツ大会にボランティアとして参加していますが、自ら指導するまでには至っておりません。色々なスポーツを覚えて、障害の有無にかかわらず一緒に楽しむことが出来たらよいなと思い、今回の研修会に参加しました。
 フットベースボールですが、皆さんも遠い昔(←失礼)子どもの頃に遊んだ記憶があるのではないでしょうか。ピッチャーが転がしたボールを蹴って走る!ソフトボールがベースになっていますが、障害がある方でも無理なく参加できるよう、ルールにも工夫がされています。
 つくば特別支援学校の大薗先生を講師としてお迎えし、まずは皆で準備体操!その後キャッチボール、ノック、キック練習と続き、最後は2チームに分かれて練習試合を行ないました。バッターボックスに立ち、いざ!三塁頭上越えクリーンヒット!を狙うも、結果はボテボテのショートゴロ。非力なレディーゆえの結果か、はたまた体は確実に老いているのか(笑)。
 試合結果は、3対2の接戦で及川会長率いるチームが勝利しました。兎にも角にも、老いも若きも、男も女も、上司も部下も、障害の有無も関係なく、大いに盛り上がったフットベースボール研修会でした。
 「知行合一」学んだことは実践すべし。しかし焦らず気負わず、障害の有無に関わらず一緒にスポーツを楽しむことが出来る場を増やしていきたいと思っております。これからもご指導よろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なお、次回の研修は12月頃を予定しています。研修内容につきましてご希望・ご意見がありましたら研修部までどしどしお寄せください。宜しくお願いいたします(研修部 香田)。