古河市で障がい者スポーツ教室を開催中です。

DSC_0405

DSC_0415
 古河市は今年度5回障がい者スポーツ教室を開催していますが、この指導を本会指導員3名が行なっています。今回、手塚指導員から中間レポートをいただきましたので掲載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 古河市主催で、古河市福祉の森会館にて、障がい者スポーツ教室を実施しています。
 現在、3回実施しており7月21日(土)は、フライングディスクと卓球バレー。8月25日(土)は、フライングディスクとボッチャ。9月29日(土)は、卓球バレーとボッチャを実施しました。対象は、古河市内に居住する18歳以上の障がい者の方々で、各回20人弱参加しています。
 今回私は、中級障がい者スポーツ指導員の資格を取得して初めての活動で、初めは緊張と不安の中、実施しました。その中で、ルールを教えたり動作の仕方を教えることと、スポーツを楽しんでもらうということ、その両方を提供することがとても難しいと感じました。しかし、一緒に参加している先輩方の優しいサポートや、スポーツを興じる皆さんの笑顔のおかげで、緊張はほぐれていき、私も一緒に楽しくスポーツを楽しむことが出来るようになりました。また、回を重ねる毎に、皆さんとコミュニケーションを図れることが出来、皆さんの笑顔もどんどん増えているように感じます。今では、大声で笑い合いながら、スポーツを興じています。
 今年度は、この後2回、2019年1月19日(土)、2月2日(土)に開催予定です。引き続き、皆さんが楽しめるスポーツ教室を提供出来るようにしたいと思います。関係者の皆様、今後も応援の程よろしくお願いします。