「第5回障害のある方のスポーツ教室」が開催されました。

準備体操

卓球バレー

風船バレー

ボッチャ

カーリングボッチャ
 平成30年3月17日(土)に桜川市総合運動公園(岩瀬体育館ラスカ)で「第5回障害のある方のスポーツ教室」が開催されました。付き添いの方を含め45名の方が参加され、14名の指導員が指導に当たりました。今回のスポーツ教室が本会が茨城県障害者スポーツ・文化協会から受託して開催した最後の教室で、全5回を通して事故無く終了することができました。指導員の蕪尻健太さんが感想を寄せてくれたので掲載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 3月17日(土)、「第5回障害のある方のスポーツ教室」に参加しました。今回のスポーツ教室では、卓球バレー、ボッチャ、カーリングボッチャ、風船バレーが行われ、参加者指導者合わせて50名の方々が、時間いっぱいスポーツで交流をして、笑顔であふれていました。
 風船バレーでは「ワン、ツー、スリー」と賑やかに風船に触れて相手コートに向かい必死にプレーする姿が。得失点問わず大きな笑い声で包まれていました。ボッチャでは白いボール(ジャックボール)に自分のボールを投げてコントロール。初めての方でもジャックボールからどちらのボールが近いかをじっくりと見るほど接戦で、ミリ単位の結果に驚きです。何度もチャレンジするほど夢中になることも♪隣ではカーリングボッチャも行われ、競技の楽しさや奥の深さを指導者の成嶋さんが丁寧に説明してくださっていました。卓球バレーは卓球台を使い6対6で専用のラケットやボールを使ってプレーするスポーツです。指導者の方々がルールを説明しながら少しずつ親しんでもらい、慣れてくると初めての方でもラリーが長く続くようになり、夢中になっていく姿がとても印象的でした。
 参加者、指導者の皆さんが輪になって教室もあっという間に無事フィナーレの時間に。ぽかぽかとした春の陽気もあって心地よく汗をかきました♪また今後もこのような体験会を通じて、皆さんとの交流が繋がり広がればと思っています。お疲れ様でした(蕪尻健太)。