霞ヶ浦でのマリンスポーツ体験の活動に参加しました。

P1030189
10月19日(土)に、特別支援学校に通う障害のある児童とそのご家族が参加する、マリンスポーツ体験の活動にボランティアとして参加しました。活動は土浦市にあるラクスマリーナのハーバーで行なわれました。この日のハーバーは普段に比べてかなり増水しており、ハーバーの方のお話ではようやく前日に水が引いたので、今日活動ができるということでした。10月16日に伊豆大島に甚大な被害をもたらした台風26号は、ここ霞ヶ浦にもかなりの影響を及ぼしていました。
さて、この日は朝から曇りで気温が20度程度ととても寒かったのですが、程よく風が吹いておりカヌーやアクセスディンギを楽しむには条件としては悪くありませんでした。障害者カヌー協会の方が指導されていましたが、カヌーやアクセスディンギにチャイルドシートを取り付け、障害の重い児童にも楽しめるように工夫しているのは大変勉強になりました。
初めて体験する方が多かったようですが、皆さん、とても楽しそうに活動していました。こういう取り組みがいろいろな地域で広まることを期待します。
なお、会場になったラクスマリーナは5月のこどもの日、7月の海の日、10月の体育の日に「誰でも楽しもう霞ヶ浦」というイベントを行っていて、障害のない方々に加え障害のある方々も数多く参加しており、カヌー、アクセスディンギ、モーターボートなどのマリンスポーツを体験することができます。ボランティアの募集も行なっていますので、関心のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。
最後に今回は私への連絡が活動日直前だったため、広報できなかったことをお詫びします(及川)。

(追記)ラクスマリーナには秋元昭臣さんというバリアフリーの先駆者の方がいます。2009年のこの「会長から」コーナーでも紹介しています。一度記事を読んでいただけると幸いです。