子(ね)年に寄せて

 指導者の皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 昨年は皆様のご協力のお陰で計画された行事をほぼ予定通り遂行でき、また、皆様にも事故なく活動できたことをともに喜びたいと思います。ありがとうございました。
 さて今年は子年で、漢書律暦志によると「子」は「孳」(し:「ふえる」)の意味で、新しい生命が種子の中に萌(きざ)し始める状態を表しているとされています(フリー百科事典ウィキペディアより。)。
 そこで、今年は次のことに取り組もうか考えています。いずれにしてもそれが実現するのは10年以上先のことで、もしかしたら実現できないかもしれないし、もし実現したとしても間違いなくその時には私は会長ではないでしょう。種を蒔くということです。

県内に身体障害者福祉センターA型の「障害者スポーツセンター」を建設するための検討を始める。
10年後くらいに本県で開催されるであろう、「全国障害者スポーツ大会のための指導者養成」に取り組む。
 障害者基本法第25条により、「国及び地方公共団体は(中略)障害者が自主的かつ積極的にレクリエーションの活動をし、若しくはスポーツを行なうことができるようにするため、施設、設備その他の諸条件の整備、文化、スポーツ等に関する活動の助成その他必要な施策を講じなければならない。」とされていますが、県内にはA型の障害者スポーツセンターがありません。障害者も地域で生活するという現在の方向性を考えると、大きなセンターが必要かどうかを含めて検討しなければなりませんが、地域での障害者支援が不十分な現状を考えるとA型の障害者スポーツセンターがあっていいのではないかと、個人的には考えます。いずれにしても、どういうタイプのものがいいのかを含め、障害者が気兼ねなくレクリエーションやスポーツに取り組めるスポーツセンター設置の検討を始めたいと思います。

 次に、茨城県で次回国体が開催されるのと同時に、全国障害者スポーツ大会が開催されます。研修会等を計画的に実施し、指導者の資質向上に努めていきたいと思います。「そんな先のことを」と言われそうですが10年などあっという間です。大きなイベントを契機に、組織が充実していくことが重要です。

 昨年5月12日の会長就任挨拶で、本会ホームページの充実、身の丈に合った会への転換(組織改革)、会員の資質向上策の検討、実行を課題として挙げました。この8ヶ月間でどれくらい実行できたか自己点検してみました。ホームページについては30%程度、その他は0%です。ボランティア活動だから仕方ないと、いつまでも放置しておいていいのかと自問自答しています。早急に改善に取り組まなければなりません。今後役員会を開いて、これらの課題について何らかの方向性を見出さなければならないと考えています。ぜひ皆さんのご意見をお聞かせください。