県南ブロックの活動の紹介

県南ブロックの活動の紹介

県南ブロック指導員の及川です。今回は私と同じく指導員の和田さんが活動支援しているNPO法人「活きる」の9月のリハビリスポーツの様子についてご紹介します。

「活きる」では2ヶ月に1度、会員20名程が集まりリハビリスポーツと言う活動を行っています。内容は、車イススラローム、ボッチャ、吹矢、風船バレー、クイズ(頭の体操)などです。9月は午前中に吹矢と話し合い、昼食を挟んで午後にボッチャと風船バレーを行ないました。写真は風船バレーの様子です。今年に入ってから、リハビリスポーツの方向性をめぐって熱心な議論が行なわれてきました。自分の好きなスポーツをより深くやりたい、しかし一方で年に何回かは会員全員が集まって今まで通りの活動もやりたい、というものです。手がかりとして、では一度専門家を呼んで体験してみようと言うことになり、7月には日本スポーツ吹矢協会から専門家に来てもらい体験会を実施しました。11月には千葉県ボッチャ協会からパラリンピック出場経験のある選手も呼んで体験会(見学、参加自由)を行なう予定になっています。

今後も和田さんとともに、できる範囲での支援をしようと思っています。なお、リハビリスポーツに参加していただける方がお出ででしたら、及川までご連絡(連絡先一覧を参照)ください。