(祝)和田百合子副会長が日本障がい者スポーツ協会功労章を受章!

IMG_4278IMG_4917
この度、和田百合子副会長が令和元年度日本障がい者スポーツ協会功労章を受章されました。本当におめでとうございます。しかしながら、当初予定されていた3月3日の会長表彰式と交流会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となりました。
 和田副会長の受章は、長年にわたる地域での障がい者スポーツへの貢献、全国障害者スポーツ大会の帯同コーチとしての選手強化への貢献および本会の役員としての組織への貢献によるものです。本当におめでとうございます。
 なお、功労章の受章は五月女三男前会長以来、本県では2人目です。

(追記)和田さんは4月7日(火)に小田川 浩つくばみらい市長を表敬されました。これを機会に改めて所感をお伺いしましたので掲載させていただきます。

功労章受章の報告                   令和2年4月7日

 2019年度公益財団法人日本障がい者スポーツ協会会長表彰 功労章をいただきました。県南ブロック長を経て昨年度から名ばかりの副会長をさせていただいております。ご報告が遅れたこと申し訳なく思っております。
 私にはもったいないような賞で、茨城県では前会長の五月女様に次ぐ2人目と聞いております。 
 私が長く活動できている(約18年)のは、周りの方々のおかげです。指導員の皆さん、家族、何よりも参加してくださっている方々、本当にありがとうございます。
 参加者の皆さんのやる気が、何より私を励ましてくれています。準備体操の音楽は、担当がいつの間にか決まっていて、準備してくれますし、休む人も連絡をしてくれています。皆さん楽しんで活動に参加してくれるので、私も楽しいです。楽しい活動だから長くやってこられたと思います。体調が悪かったり、時にやりたくない参加者がいれば、無理はしないでやりたくなったら入ってもらいます。やめたいいと言われたことがなく、声をかけていただいたらなるべく応じるようにしていたら増えてしまいました。指導士の協力もいただけています。
 つくばみらい市社協からは、サロン活動として月2回場所も確保していただいています。また障がい者スポーツを広める意味で、スポーツ教室を毎年計画に入れてくださいます。声をかけると総合型スポーツも協力してくださいます。市のスポーツフェステバルには、卓球バレーを入れていただきました。本当にありがたいです。
 我が家族もこういうゲームをしたいというと、用具を作ってくれます。手作りのものは ストラックアウト・ダーツ・ラダーゲッター等、簡単なもので卓球カウンタースタンド等物置にいっぱいあります。
 3月3日に東京で表彰式がある予定でしたが、2月末に新型コロナウイルスを考慮して中止する旨連絡がありました。残念ですが仕方ありません。後日表彰状が届いたと事務局から連絡がありいただきに上がりました。そして、4月6日につくばみらい市の市長に社協の方と報告に伺いました。この大変な時に時間を作ってくださいました。市長は障がい者スポーツにも関心を持ってくださっていて、卓球バレー・ボッチャ・フライングディスク・伊奈特別支援学校でのフロアホッケー・県障がい者スポーツ大会のことなど話が弾みました。今後の活動にきっと役立ちます。市長さん本当にありがとうございました。
 これからも、今までの活動を続け、声をかけていただければ、指導士の皆さんと協力しながら、活動を広めていけるよう頑張っていきたいと思います。(茨城県障がい者スポーツ指導者協議会 和田百合子)