平成31年度/令和元年度通常総会を開催しました。

59932338_1300254223465372_5950721680174219264_n
5月11日(土)に茨城県立医療大学において茨城県障がい者スポーツ指導者協議会通常総会が開催されました。出席者は42名でした。総会の内容は以下の通りです。

日 時 令和元年5月11日(土) 10:00〜12:00
場 所 茨城県立医療大学中講義室
出席者 42名
司 会 青田修一県南ブロック長

開会後、会長挨拶、出席者の自己紹介が行われ、その後、議長に横山 猛さんが選出された。

(報告事項)
(1)日本障がい者スポーツ協会関係報告について
(2)関東ブロック関係報告について
(3)指導員研修会について
(4)平成30年度関東ブロック障がい者スポーツ指導者研修会について
(5)会場地市小中学校障がい者スポーツ体験出前授業実施報告について
(6)受託事業(障害のある方のためのスポーツ教室)実施報告について
(7)古河市障がい者スポーツ教室実施報告について
(8)石岡市障がい者スポーツレクリェーション教室実施報告について
(9)2019全国障害者スポーツ大会茨城大会の準備状況について
(10)ブロック活動報告について
 以上が了承された。

(審議事項)
(1)平成30年度事業報告並びに収支決算報告の承認について
提案通り了承された。
(2)平成31年度、令和元年度事業計画案並びに予算案の承認について
提案通り了承された。
(3)各種スポーツ教室開催依頼への運営協力について
県および古河市の障がい者スポーツ教室への運営協力が了承された。
(4)茨城県卓球バレー協会からの大会共催依頼について
共催と指導員10名の派遣および共催協力金10万円の拠出が了承された。
(5)会則の改正について
第19条を次のように改正することが了承された。
「総会における議案は、出席者の過半数を持って議決し可否同数の場合は議長が決定する。理事会における議案は、理事の過半数(委任状を含む)を持って議決し可否同数の場合は議長が決定する。」
(6)役員改選について
いきいき茨城ゆめ大会を成功させるため、前年度に引き続き役員全員を留任させることが了承された。